忍者ブログ

 [PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 ひだまりスケッチ 6 [DVD] 

ひだまりスケッチ 6 [DVD]ひだまりスケッチ 6 [DVD]
出演:阿澄佳奈 /新房昭之 /水橋かおり /後藤邑子 /新谷良子
アニプレックス
発売日 2007-08-22
発送可能時期:在庫あり。
オススメ度:★★★★


???蒼樹うめの4コマ人気コミックを原作に、親元を離れてアパート暮らしを始めた高校生ゆの(阿澄佳奈)とその仲間たちの日常を、ほのぼのとコミカルに描いたTVアニメーションのDVD第6弾最終巻。第11話「4月28日 まーるきゃべつ」郊外学習で、ゆのたちはバスで動物園に。お弁当にヒロさん(後藤邑子)はソーセージで作ったゾウさんを作ってきたけど、宮ちゃん(水橋かおり)はキャベツ1個を持参。沙英さん(新谷良子)は動物の絵が苦手。でも、その絵をほめてくれた吉野家先生(松来未祐)は、車酔いでひだまり荘にて介抱される!? その後もみんなの話題は吉野家先生で持ちっきり。そして第12話こと最終回は、クリスマス・イヴの日に沙英さんの妹・智花ちゃん(釘宮理恵)がひだまり荘を訪れてのプチ騒動とその翌クリスマス当日を描く「12月25日サヨナラうめ先生」。シリーズ全体を通して、写真など静止画や、可愛くグラフィックな背景を効果的に用いた画面とキャラの融合で、原作4コママンガの味わいを損なうことなく日常の営みをほのぼのと楽しめる、小品だが楽しく気持ちのいい作品であった。それにしても吉野家先生のキャラは強烈でした。(増當竜也)

癒されて第1話へ 2008-02-06
第12話では、今まで謎になっていた沙英の妹がようやく判明しますが、

見所はそこではなく、帰省する前の晩餐及び晩餐後の四人の様子です。

一人暮らしをしていた大学生時代(彼女らは高校生ですが)を思い出してしまい、

懐かしさをかみしめました。帰省する前ってこんな感じだったなあと。


ゆのの意識の中で第1話とおぼしき光景が表れて締めくくりとなるわけですが、

このシーンを見ると、また1話を見たくなります。音楽もまた心に染み込むものですし。

さらにエンディングの芽生えドライブで癒されます。


オタク御用達のアニメとは全く異なる、良作のアニメだと思います。

6巻 2007-08-01
11話:前半は動物園のエピソード。後半は吉野家先生オンステージです。


12話:トリは12月を舞台にした、アニメオリジナルのエピソード。後で1話を見直すと、全部つながってきます。

嫌味のない作品です 2007-06-09
これが最終巻……な訳ですがこの後も普通に続いていく、そんな錯覚に陥ります

今までと同じ様にひだまり荘の住人が集まりあい、今までと同じ様にまったりのんびりした

ちょっと温かい話が展開される、そういう良い意味での定型パターンが終わりを感じさせないのかも知れません


DVDで凝った演出や可愛らしいキャラを楽しみながら制作予定の特別編を待つというのも良いのではないでしょうか


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2010/1/7に作成しました。
PR


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








 この記事へのトラックバック 

この記事のトラックバックURL

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス


HN:
No Name Ninja
性別:
非公開